サポートされていない古いバージョンのInternetExplorerを使用しているようです。ブラウザを最新バージョンのMicrosoftEdgeに更新するか、Chrome、Firefox、Safariなどの他のブラウザの使用を検討することをお勧めします。

ITP特発性血小板減少性紫斑病の情報サイト

監修:
埼玉医科大学病院
総合診療内科 教授/血栓止血センター長
宮川義隆

ヘリコバクター・ピロリ菌陽性のITP患者さんには、まず除菌療法を行うことが勧められています。

ヘリコバクター・ピロリ菌は胃粘膜中に生息し、胃炎や胃・十二指腸潰瘍に深くかかわっている細菌です。最近、ITP患者さんの約6割において、ヘリコバクター・ピロリ菌の除菌により血小板数が増加することがあきらかとなり、ヘリコバクター・ピロリ菌陽性のITP患者さんには、まず除菌を行うことが勧められています。
ヘリコバクター・ピロリ菌の除菌は、胃酸を抑える薬(プロトンポンプ阻害剤)と2種類の抗菌薬を7日間服薬する方法で行います。

ヘリコバクター・ピロリ菌のimage

[1]

  1. Fujimura K et al. Int J Hematol 2005;81:162-168.