サポートされていない古いバージョンのInternetExplorerを使用しているようです。ブラウザを最新バージョンのMicrosoftEdgeに更新するか、Chrome、Firefox、Safariなどの他のブラウザの使用を検討することをお勧めします。

輸血を受ける患者さまへ〜血液、疾患の知識から支援制度まで〜

監修:
自治医科大学 内科学講座 血液学部門 客員教授
小澤 敬也 先生
日本赤十字社 関東甲信越ブロック血液センター 所長
室井 一男 先生

骨髄異形成症候群の治療法は、病気の型、年齢、患者さんの状態から決められます。
最近、新しい薬物治療が行えるようになっています。

穏やかな治療

症状の改善を目指す治療(支持療法)

輸血療法

①貧血症状が強いとき、不足した赤血球を輸血で補充します。
②鼻血、歯肉出血、下血、血尿、脳出血時などの出血傾向が著しい場合に、血小板輸血を行います。

輸血療法
サイトカイン療法
(持続型赤血球造血刺激因子製剤、G-CSF)

①貧血症状がある場合には、赤血球を増やす作用のある持続型赤血球造血刺激因子製剤を投与します。
②感染症が治りにくい場合、白血球のなかの好中球を増やす作用のあるG-CSFを投与します。

サイトカイン療法

特定の染色体に異常のある患者さんの治療

免疫調節薬

5番染色体長腕部に欠失がある患者さんの場合に、赤血球造血の改善を目指して投与します。

免疫調節薬

やや強い治療

芽球(白血病細胞)を破壊することを目指す治療

化学療法

抗がん剤によって、芽球を壊し、減らすことを目指します。

化学療法

異常細胞の増殖を抑えることを目指す治療

DNAメチル化阻害薬

DNA(遺伝子)のメチル化を阻害することで、異常細胞の増殖を抑制することを目指します。

非常に強い治療

治癒を目指す治療(造血幹細胞移植)

造血幹細胞移植

患者さんの骨髄細胞を他の人の正常な骨髄細胞に置き換えて、正常な造血機能を回復させる治療法です。

造血幹細胞移植