サポートされていない古いバージョンのInternetExplorerを使用しているようです。ブラウザを最新バージョンのMicrosoftEdgeに更新するか、Chrome、Firefox、Safariなどの他のブラウザの使用を検討することをお勧めします。

輸血を受ける患者さまへ〜血液、疾患の知識から支援制度まで〜

監修:
自治医科大学 内科学講座 血液学部門 客員教授
小澤 敬也 先生
日本赤十字社 関東甲信越ブロック血液センター 所長
室井 一男 先生

化学療法は、体の中で増えている芽球(がきゅう)(白血病細胞)を壊し、芽球を減らすことを目指す治療法です。

化学療法って何?

※イメージ図

化学療法の特徴

長所
  • 抗がん剤を使用して、骨髄中に存在する芽球(白血病細胞)を可能な限り破壊し、成熟した血液細胞が回復するのを待ちます。

※将来起こるリスクの高低、年齢、身体状態、移植ドナーの有無などを考慮して、薬剤の種類や投与量が決められます。

短所
  • 芽球だけでなくすべての血液細胞にも影響を与えるので、さまざまな副作用が起こります。
  • 高齢の患者さんには、強力な化学療法は行えません。
  • 大きな治療効果は期待できません。