サポートされていない古いバージョンのInternetExplorerを使用しているようです。ブラウザを最新バージョンのMicrosoftEdgeに更新するか、Chrome、Firefox、Safariなどの他のブラウザの使用を検討することをお勧めします。

輸血を受ける患者さまへ〜血液、疾患の知識から支援制度まで〜

監修:
自治医科大学 内科学講座 血液学部門 客員教授
小澤 敬也 先生
日本赤十字社 関東甲信越ブロック血液センター 所長
室井 一男 先生

貧血のほか、感染症にかかりやすい(発熱)、出血しやすい状態になります。

赤血球の減少
または
機能異常

貧血症状

貧血症状

主な症状
めまい、頭痛、だるさ、疲れ、動悸、息切れ、顔色が悪くなる。

白血球の減少
または
機能異常

感染症

感染症

主な症状

感染症(口内炎、かぜ、肺炎、敗血症など)による発熱、痛み。

血小板の減少
または
機能異常

出血傾向

出血傾向

主な症状

皮膚や粘膜に点状の出血、赤紫色の斑点。鼻出血、歯肉出血、血尿、性器出血。

  • 再生不良性貧血(さいせいふりょうせいひんけつ)、 骨髄異形成症候群(こつずいいけいせいしょうこうぐん)、 急性骨髄性白血病(きゅうせいこつずいせいはっけつびょう)などになると、上記の症状がみられます。症状のあらわれ方は病気、患者さんによって異なります。