サポートされていない古いバージョンのInternetExplorerを使用しているようです。ブラウザを最新バージョンのMicrosoftEdgeに更新するか、Chrome、Firefox、Safariなどの他のブラウザの使用を検討することをお勧めします。

輸血を受ける患者さまへ〜血液、疾患の知識から支援制度まで〜

監修:
自治医科大学 内科学講座 血液学部門 客員教授
小澤 敬也 先生
日本赤十字社 関東甲信越ブロック血液センター 所長
室井 一男 先生

血液は何からできているの?

血液は、液体成分の「血漿(けっしょう)」と赤血球、白血球、血小板などの「血液細胞」からできています。

※イメージ図

血液は何からできているの?

血漿(けっしょう)

  • 血液の約6割を占める液体部分のことで、約90%は水分です。
  • 血液細胞(赤血球、白血球、血小板)や栄養分を全身に運びます。

さらにからだが正常に機能するためのたんぱく成分が含まれています。

グロブリン
グロブリン

体の外から侵入した異物を取り除くための抗体です。

血液凝固因子
血液凝固因子

出血したときに、血小板と協力して止血します。

アルブミン
アルブミン

血漿が血管から漏れるのを防いだり、ホルモンや薬剤を運びます。