サポートされていない古いバージョンのInternetExplorerを使用しているようです。ブラウザを最新バージョンのMicrosoftEdgeに更新するか、Chrome、Firefox、Safariなどの他のブラウザの使用を検討することをお勧めします。

輸血を受ける患者さまへ〜血液、疾患の知識から支援制度まで〜

監修:
自治医科大学 内科学講座 血液学部門 客員教授
小澤 敬也 先生
日本赤十字社 関東甲信越ブロック血液センター 所長
室井 一男 先生

自分の造血幹細胞を誤って攻撃してしまうT細胞の働きを抑える治療法です。

①経口薬による治療

①経口薬による治療

②経口薬+点滴薬の併用

②経口薬+点滴薬の併用

免疫抑制療法の特徴

長所
  • からだへの負担が比較的軽いです。
  • 経口薬は外来で治療できます(点滴薬は要入院)。
短所
  • 造血機能の回復が不完全な場合があります。
  • 再発する可能性があります(〜30%)。
  • 薬剤の副作用