サポートされていない古いバージョンのInternetExplorerを使用しているようです。ブラウザを最新バージョンのMicrosoftEdgeに更新するか、Chrome、Firefox、Safariなどの他のブラウザの使用を検討することをお勧めします。

輸血を受ける患者さまへ〜血液、疾患の知識から支援制度まで〜

監修:
自治医科大学 内科学講座 血液学部門 客員教授
小澤 敬也 先生
日本赤十字社 関東甲信越ブロック血液センター 所長
室井 一男 先生

病気の原因を取り除くのではなく、症状を改善するための治療です。 輸血療法やサイトカイン療法などがあります。

①輸血療法

赤血球や血小板の数が減少したとき、必要最少量の輸血によって、それを補う治療法です。

輸血療法

②サイトカイン療法(G-CSF)

白血球が減少して感染症を合併した際に、一時的に白血球(特に好中球)を増やして抗菌薬の効果を高める治療です。

サイトカイン療法

*1:G-CSF(顆粒球コロニー刺激因子)…からだの細胞からつくられる蛋白質で、白血球のなかの好中球を増やしたり、その働きを高める作用のあるサイトカインの一種です。末梢血中の造血幹細胞を一時的に増やす作用もあります。