サポートされていない古いバージョンのInternetExplorerを使用しているようです。ブラウザを最新バージョンのMicrosoftEdgeに更新するか、Chrome、Firefox、Safariなどの他のブラウザの使用を検討することをお勧めします。

輸血を受ける患者さまへ〜血液、疾患の知識から支援制度まで〜

監修:
自治医科大学 内科学講座 血液学部門 客員教授
小澤 敬也 先生
日本赤十字社 関東甲信越ブロック血液センター 所長
室井 一男 先生

腎臓に働きかけ、赤血球の産生を促す造血ホルモン(エリスロポエチン)をつくらせるとともに、造血幹細胞に直接作用して造血を促します。

医師と患者のイメージ

蛋白同化ステロイド療法の特徴

長所
  • 特に軽症~中等症の患者さんに効果が期待できます。
  • 経口薬なので、外来で治療できます。
短所
  • 男性化作用があります。女性患者では注意が必要です。
  • 副作用に注意するため、投与中は定期的に検査が必要です。
副作用
  • 肝機能障害・にきび
  • 皮膚の色素沈着・多毛

女性患者では

  • 無月経・変声(かすれ声)などの男性化作用